ガーデニング

ガーデニングを楽しむなら庭の手入れは大切|自慢できる庭作り

このエントリーをはてなブックマークに追加

利用するメリット

木を切る人

間伐とは、成長とともに増えすぎた木の一部を抜き伐りすることによって健全な森林を作ることをいいます。適度に木を伐採することによって、森林の中に適度に光が差し込んで、木を大きく育てることができ、草などが生えるようになりしっかり森林が育つことによって風雪被害などを抑えることができるようになります。間引いた木は間伐材としても利用されています。杭などの土木用材として利用されているほか、割り箸や再生紙、家具、ガードレールや道路標識の支柱として使われているほか、バイオマスエネルギー源として切開の一部を置き換えたり、灰はセメントの材料となるなど様々な使い方があります。近年では、薪ストーブの利用も増えてきており、その薪の材料としても需要が高まっています。

間伐材を使うメリットは様々なものがあります。健康な森を育てることができるようになり、日が当たらないと本来はCO2を出すはずの木が逆に二酸化酸素を排出が多くなって地球温暖化につながります。健康な森になれば二酸化炭素の排出を減らして、CO2が多くなります。間伐材から作られるバイオマスエネルギーは石油や石炭の代わりになるエネルギーとして注目されていたり、燃やすことによって発電することができます。ただし、デメリットもあるのが現状で、国産の木材は高価なため間伐することができなかったり、細かったり曲がっているなど形が整っていない、強度がばらついてしまうっているなどの問題もあります。しかし、積極的に使うことによって森を育てることにつながります。