ガーデニング

ガーデニングを楽しむなら庭の手入れは大切|自慢できる庭作り

このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と大変な雑草抜き

園芸道具

放置すれば害虫が発生

草むしりは意外と大変な作業です。しゃがんで草むしりをしていると腰が痛くなって来るし、特に夏の暑い日に陽に照らされながらの作業は熱中症になる危険もあります。それにせっかく雑草を抜いても一週間も経たないうちにまた生えてくるのです。これは草むしりをしたことのある人なら誰でも経験することです。そのまま放置しておけば蚊やハエなどの害虫の住処になってしまいます。これが原因でご近所トラブルになることもあるのです。特に草むしりは高齢者や体の弱い人などには負担がかかる作業です。家の周りの狭い範囲の雑草を取ることさえ不可能な人がいるのです。そのような場合、業者に依頼して草むしりをしてもらうことができます。草むしりは専門業者やガーデニング業者など様々な業者が請け負っています。

農家が依頼する場合も

業者は草むしりだけでなく依頼すれば庭の木の剪定などもしてくれます。抜いた雑草や剪定した木の後始末、掃除などもきちんと行います。農業でも草むしりを業者に依頼するケースが増えています。作物を守るためには雑草を抜くことは必要な作業です。しかし人手が足りないとか、高齢者が農業をしている場合は草むしりまで手がまわらないことが多いのです。そこで業者に依頼するのです。業者は草むしりをしたあと作物に影響のない除草剤を巻いたり防草シートを敷く作業などもしてくれます。防草シートは敷き方が悪いとそこから草が生えてくる可能性があります。それに慣れないと敷くのに時間がかかります。業者なら雑草が生えないように綺麗に敷いてくれるので安心です。